« 芸人紹介 | トップページ | そば清? »

2013年11月11日 (月)

あの時と同じ…

あの時と同じ…あの時と同じ光景・・・。
奇しくも今日は、あの東日本大震災から、ちょうど2年8ヶ月目。
フィリピンの台風による大災害の多くは、高潮によるものだそうです。
町が消え去り、がれきの中を住民がさまよい歩く……。
猛烈な台風30号に直撃されたフィリピ ン中部。
約970万人が被災し、被害の大きかったレイテ島では死者数が1万人に達する恐れも出ているそうです。
惨状を目の当たりにした日本人は、「まるで東日本大震災で津波に襲われた町のようだ」と思ってしまいます。
台風30号で甚大な被害を受けたレイテ島の港湾都市タクロバンは、がれきの町と化したそうです。
町があったとみられる場所は、強風と高潮を受け、低層のコンクリートの部分だけが残り、木造の家屋などは軒並み押しつぶされていて、さまよい歩く住民らが1000人単位で商業施設の周辺に集まっている…。
あの時と同じ光景です。
waveそれにしても、地震による津波のメカニズムも物凄いですが、超低気圧によって水面が何メートルも上昇し、風速何十メートルもの突風に煽られた波のパワーも信じられません。

« 芸人紹介 | トップページ | そば清? »

巷談」カテゴリの記事