« 落語DEデート | トップページ | 杜の家頓平師匠 »

2013年11月24日 (日)

ご贔屓のコメント

kissmarkご贔屓の方々からいただいたコメントで、"褒められたところだけ"ご紹介します。
皆さんに、鋭い批評をいただいて、励みになります。
ご贔屓のコメント
(^o^)
いつもとちがう"話風"でしたが、素直に楽しかったです。
目の動きで、そこに衝立が見えました。
筆(扇子)の動きで、竹を描いているのがわかりました。
見せる力を重視している乱志さんならではだと思いました。
それから、すごくいいオチでした。
締めがビシッと決まっていました。
笑いがある噺に、プラス演技力で最強でした。
(^^)/
ブログの話と違っていました。
稽古不足なんて全然感じさせないです。
父親が衝立に竹を描くところ、それを眺めるところの目線がとても上手いと思いました。
「趣きもあるけど、傾きもある」は、志の輔さんの音源ですよね。
(*⌒▽⌒*)
力みが感じられず、さらりとしているのに、メッセージはしっかり伝わってくるところがすごくよかったです。
……ありがとうございます。
身に余るコメントで、実は、自分では全く満足の行く出来ではありませんでしたから。
「趣」「傾き」は、仰るとおり、志の輔さんが「ねずみ」や「抜け雀」で使っているくすぐりをいただきました。
鋭いご指摘、かなりの"通"ですね。

« 落語DEデート | トップページ | 杜の家頓平師匠 »

落研」カテゴリの記事