« 誤った見出し | トップページ | 会場のイメージ »

2013年11月 5日 (火)

上方気質と江戸気質

pig最近騒がれているメニューの偽装問題で、メニューと異なる食材を提供された人には、ホテルやレストランが返金をするということになっているようです。
これが発表されると同時に、返金を求める人が多数いたそうです。
・・・でも、本当にそうなのでしょうか?
ちょっと失礼かもしれませんが、返金を請求するのは、関西の方が多いのではないかと思うのです。
例えば、関西・関東の人がそれぞれ100人いたとしましょう。
そのうち、実際に偽装された食材の料理を食べた人が、それぞれ30人ずついたとしましょう。
恐らく、関西では、90人近くが返金を求めると思います。
そう、実際に食べていない人でも、もっけの幸いと、ダメもとで請求すると思うのです。
一方、関東では、10人にも満たないと思います。
食べていない人は、自分には関係ないことと思うでしょうし、食べた人でも、(金額にもよりますが)返金の手続きをすることの方が煩わしいという感覚でしょう。
関西出身の人と話してみると、同じような意見でした。
江戸っ子は、「そんなみっともねぇことが出来るかい」ってんで、自分が食べたことすら隠すかもしれません。
まぁ、そんなに見栄を張ることはありませんが、私は上方気質は好きになれません。
落語と全く同じです。

« 誤った見出し | トップページ | 会場のイメージ »

巷談」カテゴリの記事