« 千早亭稽古会 | トップページ | 老舗・名店って・・? »

2013年11月27日 (水)

写真でアンコール

event「第6回お江戸あおば亭」を写真で振り返ります。
一連の写真を撮影してくださっているのは、恋し家古狂師匠と金縁亭新生師匠です。
いつも本当にありがとうございます。
Photo_5
杜の家頓平師匠は十八番の「鼓ヶ滝」。
写真でアンコール
談亭志ん志師匠は、さらりと新しいオチで「粗忽長屋」。
写真でアンコール
踊りも鮮やか恋し家古狂師匠は爆笑「宗論」。
写真でアンコール
社会人1年生の井の線亭ぽんぽこさんは「青菜」。
写真でアンコール
仙台からの使者桂友楽師匠の自作「支倉常長伝」。
写真でアンコール
あっ、間違えました。
写真でアンコールお仲ぁぁ入りぃぃぃsign01
食いつきはインターナショナル愛し亭朝大師匠の「松山鏡」。
写真でアンコール
翌日は和太鼓のお座敷、喰亭寝蔵師匠の「かたきの首」。
写真でアンコール
三味線と俗曲もお見事、南亭蕪生師匠「千早振る」。
写真でアンコール
南京玉すだれも慣れたもの、杜の家くるみさんの「長短」。
写真でアンコール
何か難しい顔をしていますが金願亭乱志「抜け雀」。
写真でアンコール
いよっ若旦那sign01立派なトリ、賀千家ぴん吉さん「出来心」。
・・・という訳で。
しかし、確かにみんな楽しそうですね。

« 千早亭稽古会 | トップページ | 老舗・名店って・・? »

落研」カテゴリの記事