« 仙台が燃えた!!! | トップページ | 嶋捕手のスピーチ »

2013年11月 4日 (月)

和歌を愛でる

根津美術館の次回の展示会もいいですね。
電子メールで送信: img_exhibition_waka.jpg
季節の移ろいや心の微妙なありようを、31文字に託して詠んだ和歌は、日本美術と密接な関わりをもち、さまざまなジャンルで造形化されてきました。
人々は和歌を詠み、流麗な手跡で文字に表し、また、絵画や工芸に表現された意匠から和歌を読み解き、茶道具には歌銘を付して新たな価値を見出してきたのです。
本展では、館蔵品の古筆、屏風絵、蒔絵の硯箱、茶道具など和歌にちなんだ名品を厳選し、重要文化財9件を含む30件余を展示いたします。
なお「扇面歌意画巻」は修理後初のお披露目であり、展覧会で100図すべてを公開する初めての機会となります。
平安時代から江戸時代にわたる、和歌と日本美術のさまざまな結びつきの姿をお楽しみください。
・・・お正月に和歌に触れてみるのもいいなぁぁ。

« 仙台が燃えた!!! | トップページ | 嶋捕手のスピーチ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和歌を愛でる:

« 仙台が燃えた!!! | トップページ | 嶋捕手のスピーチ »