« 平安遷都の日 | トップページ | 千早亭稽古会 »

2013年10月22日 (火)

藤原の効果

typhoontyphoon「2つ以上の台風が接近して存在する場合に、台風がそれらの中間のある点のまわりで相対的に低気圧性の回転運動をすること」・・・・。
なんのこっちゃ?
これは、「藤原の効果」と言われ、戦前、当時の中央気象台長だった藤原咲平という人が提唱した効果を言うようです。
(1)まず2つの台風が同じくらいだった場合。
この場合、一定の距離までは近づこうとするのですが、それ以上は近づくことは出来ず、お互いに影響し合うのだといいます。
2つの台風を結んだ点を中心に、2つの台風が反時計回りに動き、進路が複雑な動きをすることがあるといいます。
この一定の距離とは、それぞれの台風の規模によって異なりますが、典型的な台風の直径である1000キロ程度が目安となっているようです。
(2)もう1つが、2つの台風の勢力がまったく違う場合。
この場合は、勢力の小さい方の台風が、大きい方の台風に吸い寄せられ、吸収されることがあるといいます。
とにかく、一緒に来られては迷惑ですから、2つがぶつかって消滅するとか、2つの台風が遠慮して、富士山のある日本には向かわないということにはなにらないでしょうか?
後者を「藤原の効果」に対して「富士は退こうか」と言います。

« 平安遷都の日 | トップページ | 千早亭稽古会 »

季節・散歩」カテゴリの記事