« 森ヶ家二八師匠 | トップページ | 南家御前さん »

2013年10月19日 (土)

三山亭多楽師匠

chair東大落語会の重鎮・大看板の登場です。
三山亭多楽師匠
多楽師匠は、黒紋付きに袴姿で、講釈物の長講「雁風呂」を。
様々な蘊蓄をご披露された後、ロシア民謡などで鍛えられた喉から出る張りのある声で、重厚に噺が進んで行きます。
元々は上方噺ですから、上方弁も使わなくてはいけませんから、大変難しい噺です。

« 森ヶ家二八師匠 | トップページ | 南家御前さん »

寄席・落語会」カテゴリの記事