« 古今亭志ん馬さんの訃報 | トップページ | ブラックジョーク? »

2013年10月 8日 (火)

大失態

大失態
shock着物を左前に着たような、そんな低次元の出来事です。
明治神宮で行われた横綱の土俵入りで、太刀持ちと露払いが間違って逆の位置にそんきょするという・・・。
本来、横綱の左にいるはずの露払いが誤って右に行ったのが原因。
休場した力士の代役だったそうですが、それにしても、頭をかいてすむものなのかなぁぁ。
太刀持ちの力士は「びっくりした。どうしようもなかった」とため息。
土俵入りに立ち会っていた日本相撲協会の広報部長は「すみません。きちんと指導しておきます」と釈明したそうですが・・・。
横綱の土俵入りは、拍手による神への敬意と四股を踏むことによる地鎮の儀であり、天地長久・天下泰平を神に祈る儀式といわれていますから、神様が怒りますよ。
明治神宮ということは、明治天皇ということですか。

« 古今亭志ん馬さんの訃報 | トップページ | ブラックジョーク? »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事