« ぎんざ芝濱 | トップページ | 師匠のコメント »

2013年9月26日 (木)

愚かな経産省官僚

shadowまた、とんだ官僚がいたものです。annoy
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130926-00000006-asahi-soci
復興は不要だと正論を言わない政治家は死ねばいい――。
2年前、匿名ブログに書き込まれた一文だそうです。
閲覧者らが身元を割り出し、経済産業省のキャリア官僚(51)であることが判明。
「復興は不要だ」との書き込みは、2011年9月のもの。
被災地が「もともと過疎地」だというのが根拠だそうです。
今年8月には、高齢者に対して「早く死ねよ」などと書き込んだ。
また「あましたりまであと3年、がんばろっと」などと、天下りを示唆する内容も記していたそうで。
こいつも、社会から退場ですね。
そして、さらに詳しい状況が分かりました。
このとんでもない奴は、現在は日本貿易振興機構(JETRO)で、2015年にイタリア・ミラノで開かれる国際博覧会の日本政府代表を務めているそうです。
問題の発言は、震災発生から半年が経った11年9月25日の書き込み。
当時の肩書きは、経産省「貿易経済協力局貿易管理部安全保障貿易管理課長」。
「もともと、ほぼ滅んでいた東北のリアス式の過疎地で定年どころか、年金支給年齢をとっくに超えたじじぃとばばぁが、既得権益の漁業権をむさぼるために 、そいつらの港や堤防を作るために 、そいつらが移住をごめるためにかかる費用を、未来のこどもたちを抱えた日本中の人々からふんだくり、綺麗事をいうせいじ」と復興増税を批判。
その上で、「増税の是非ではなくパパは復興は不要だと正論を言わない政治家は死ねばいいのにと思う(まぁ、全員、そう言わなくてもいいんだけどせめて、正論すきないしはらちじくらいは東京のど真ん中で叫んで欲しい と思う。)」と、東京都の石原慎太郎知事(当時)が「復興は不要」だと「正論」を述べるべきだと主張。

« ぎんざ芝濱 | トップページ | 師匠のコメント »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事