« 海をこえて友よきたれ | トップページ | 賀千家ぴん吉さんから »

2013年9月10日 (火)

出る杭

punch出る杭は打たれる。
オリンピック招致の最終プレゼンでのこと。
下馬評ではかなり優勢だったと言われたマドリードでしたが、最初に脱落しました。
細かな背景や時系列が分からないので、違っているかもしれませんが、自失点があった気がします。
プレゼンターの1人に、元IOC会長ジュニアがいました。
このあたりも、開かれていない組織だと思うのですが、まぁそれはともかく、この与太郎な二代目の若旦那が、言ってくれました。
「東京とイスタンブールは、2024年に頑張ってください」…。
空気の読めない発言に、IOCの委員たちは、どう思ったでしょう。
互いに健闘を讃えるならまだしも、選ばれる前に俺が勝ちだと言ったら、「バカやろう、選ぶのはオレたちじゃぁねえかぁ」と、彦六師匠風に言いたくもなるでしょう。
余程自信があったのか、弱気を隠して吠えたのか。
昔、日本シリーズで、強気(生意気)な発言をして、相手チームの逆鱗に触れ、後半大逆転されたばかりか、その後の野球人生を棒に振ったピッチャーがいましたが…、地雷を踏んでしまいましたね。

« 海をこえて友よきたれ | トップページ | 賀千家ぴん吉さんから »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事