« 愚かな経産省官僚 | トップページ | 富士川と富士山 »

2013年9月26日 (木)

師匠のコメント

sweat01それこそ、こけつまろびつだった先日の稽古会。
「三味線栗毛」を、高座本に頼らずに初めて通しでやりました。
何と、本番4日前で、このていたらく・・。
例によって、師匠のブログにコメントがありました。
http://ensou-rakugo.at.webry.info/201309/article_38.html
 永久(とわ)[三味線栗毛]。
   酒井抱一を扱った貴重な噺。
   しっかりと演っているので、重々しい。

・・・とてもそんな状態ではありませんが・・・。
最近、師匠は、「重厚に」とか「重々しい」という表現で、私の稽古をコメントされます。
どのように捉えたら良いのかとも思いますが、前向きでいた方がよいのかなと。

« 愚かな経産省官僚 | トップページ | 富士川と富士山 »

千早亭」カテゴリの記事