« お江戸あおば亭のプログラム | トップページ | 南大塚ホール落語会特別企画 »

2013年9月27日 (金)

李下の冠

thunderこれも仙台に関連するのですが、不愉快な話題です。
仙台に本社のある東北電力というのは、立派な上場会社です。
従って、本来、この会社は投資家(株主)のものです。
勿論、従業員や顧客のものでもありますが、あくまでも会社存立のベースは株主です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130926-00000016-mai-soci
東北電力が電気料金値上げの前提となる経費削減策の一つとして実施した夏の賞与(ボーナス)不支給に関し、社員らに「住宅ローン等支援措置」として「臨時給与」を支給し、社員には「社外へは口外しない」ことを求めていたことが25日、分かった。
誤解されようが、混乱しようが、公開企業として、公表して説明を尽くさないというのはおかしいと思います。
正面から逃げているところに、かえって疑念を抱いてしまいます。
まさに「李下の冠、瓜田の履」ですよ。
君子たるものは、人から疑いを招くような事を未然に防ぎ、嫌疑をかけられるような振る舞いはしないものだ。
(取ろうとしていると勘違いされぬように)瓜畑の中で靴を穿くような仕草をしたり、李(すもも)の木の下で冠をかぶりなおしたりはしないものだ。
しかも、今の世の中、口外するななどという指示がまかり通るはずがない。
電力会社も、鉄道会社も、親方日の丸・大樹の陰の会社は、事なかれ・隠匿・特別待遇体質が抜けないんですね。
大岡越前守様、出番ではありませんか?

« お江戸あおば亭のプログラム | トップページ | 南大塚ホール落語会特別企画 »

巷談」カテゴリの記事