« 珍しい景色 | トップページ | 新幹線ホームのボヤ »

2013年9月19日 (木)

もっと珍しい景色

eyeもっと珍しい景色が見られます。
もっと珍しい景色
先日の台風で、大きな提灯を一時的に畳んだ浅草寺の雷門、今度は、この大提灯の張り替え作業のために、10年 ぶりに取り外されたそうです。
おいおい、何だよ、そうだったのかよ。
雷門には、高さ3.9 メートル、幅3.3メートル、 重さ700キロある大提灯が取り付けられていて、浅草のシンボルになっています。
この大提灯は、江戸時代末期に焼失した雷門が昭和35年に再建されてから、10年に一度、張り替えが行われているそうです。
大提灯の代わりには、提灯の写真が印刷されたシートが取り付けられているそうですから、これの方がレア物かもしれませんね。
大提灯は、京都で骨組みや和紙が取り替えられたあと、11月中旬に戻って来るそうです。

« 珍しい景色 | トップページ | 新幹線ホームのボヤ »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事