« みんなが好きな落語家 | トップページ | 師匠のコメント »

2013年9月18日 (水)

水天宮

presentお宮さんが、移転するのを「遷座」って言うんですね。
「せんざ」・・・。噺家さんの名前みたいです。
「ゆうざ」「しょうざ」「さんざ」そして「りゅうざ」?
水天宮
水天宮
水天宮
東京の水天宮は、日本橋蛎殻町で、安産祈願・子授け祈願で親しまれています。
もともと、久留米藩有馬家の屋敷神として祀られてきましたが、江戸時代、第九代藩主頼徳公の時、有馬藩上屋敷に分霊され、以来、庶民の信仰を集め、明治5(1871)年、現在の地に移り、大勢の参拝客で賑わってきました。
ところが、今は、ここにはないことが分かりました。
日曜日に、浜町の仮店舗じゃなくて、仮神殿?にお参りしました。
仮の建物だし、台風も来そうだし、人も久留米(来るめぇ)、きっと水天宮(空いてん)だろうと思ったら、祈祷所は大混雑でした。
それが言いたかっただけ…。

« みんなが好きな落語家 | トップページ | 師匠のコメント »

徒然」カテゴリの記事