« 三遊亭圓窓「はしご落語会」 | トップページ | そうか、分かった! »

2013年9月 5日 (木)

歩行喫煙

smoking「弁護士ドットコム」というの読みました。
【そろそろ歩きタバコを「法律」で規制すべきか?】というテーマ。
タバコ片手に混雑した街中をかっ歩する「歩きタバコ」が問題視されている。
単にマナーだけの問題ではない。
「家族が火傷を負った、絶対に許さない」「煙で喘息が悪化した」など、歩きタバコの被害を訴える声は、ネット上でも数多く見つかる。
歩きタバコは、多くの地方自治体が「条例」で規制しているものの、「法律」による規制はまだ存在しない。
法律で禁止する必要はないのだろうか。
◇ケガを負わせた場合は刑事罰や損害賠償責任を問われる
歩きタバコそのものを規制する法律はないが、歩きタバコ被害に関連する法律は、すでに幾つかある。
また、多くの地方公共団体が、路上喫煙、歩きタバコ、ポイ捨て等を禁止する条例を制定している。
この中には、罰則規定のある条例も含まれている。
たとえば、歩きタバコで人に火傷を負わせれば、過失傷害罪(刑法第209条1項)に該当する。
他人をケガさせたり、衣服を焦がしたりするのは民法の不法行為に該当し、被害者に対して損害賠償責任を負う(民法第709条)。
◇法規制の必要性は高まっている
ただ、これらは事故発生後の「事後的な救済策」に留まっている。
「歩きタバコによる事故」が起き続けていることを踏まえると、いよいよ、歩きタバコそのものを法律で禁止する必要性があると言える。
また近年は、「屋外の一時的な受動喫煙も重大な健康被害だ」とする声が、特に喘息、化学物質過敏症患者の方や、呼吸器の弱い方などから寄せられている。
このような必要性を踏まえれば、歩きタバコ(路上喫煙)を禁止する法律の制定は、正当であると思われる。
◇最高裁も喫煙の自由を「権利」とは断定していない
一方で「喫煙する権利」はどうなるのかという疑問もある。
屋内外で喫煙場所は非常に限られてきているからだ。
過去の最高裁判例(昭和45年9月16日)は、喫煙の自由を、「権利」とは断定していない。
仮に権利だとしても「あらゆる時、所において保障されなければならないものではない」。
・・つまりは、制限を受けやすいものとされている。
さらに、この判決当時に比べて、受動喫煙の有害性に関する医学的知見は確固たるものになっている。
今や「ニコチン依存症」が病気とみなされている時代。
喫煙に対する制限は一層正当化されやすくなっている。

過去、2002年と2004年に国会提出された「歩きタバコ禁止法案(軽犯罪法改正案)」は、いずれも廃案になっているんだそうです。
・・・個人的には、「一刻も早く法制化を」と思います。

« 三遊亭圓窓「はしご落語会」 | トップページ | そうか、分かった! »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事