« 十六夜の月 | トップページ | 東京駅山手線内回りホーム »

2013年9月20日 (金)

あべこべ?

tv大相撲勝敗の見出しが変だなと。
【鶴竜が豪栄道に勝つ】
何が変かと言えば、鶴竜は大関、豪栄道は関脇だからです。
この勝負、番付通りの結果になっているのです。
普通なら、見出しとして全く意味のない表現です。
番付が逆で、鶴竜が平幕ならば分かるのですが、おかしいと思いませんか?
「[豪栄道が勝つ可能性が高いのに]鶴竜が勝ってしまいました」ってことでしょう?
天下の国営放送の見出しです。
大関も随分軽く見られたものです。
それとも、弱い大関なんでしょうか?
落語の「大関[提灯屋の]花筏」も、本当は弱かったんです。

« 十六夜の月 | トップページ | 東京駅山手線内回りホーム »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事