« 師匠のコメント | トップページ | 新手の泥棒 »

2013年9月24日 (火)

キングオブコント

dramaコントのグランプリ番組。
最後に残った8組を審査するのは、ファイナルに残れなかった出場者100人が10点ずつの1000点満点。
申し訳ありませんが、何か同業者の仲間同士のマスターベーション大会みたいです。
また叫びまくったり、殴りあったり、不良をネタにしたり…、とにかく品のないことおびただしい・・・。
とにかく、お客さんに受けて、支持されてなんぼの演芸で、身内で審査するなんて、大いに勘違いだと思います。
コントという芸能は、五月蠅い、独り善がりで、ますます間違った方向に行ってしまう気がしました。
観客も、ただ笑えばよいという、これも良くないですがね。
そう言う意味では、落語にも同様な危機感を抱いて、観客も教育しようと言う動きがあるのは、大きな救いだと思います。
オレがオレがと、好き嫌いだけの判断では、将来に光はありません。
みんながキワモノになったら、その芸能は終わります。
でも、どの世界にもキワモノは必ず必要ですが。

« 師匠のコメント | トップページ | 新手の泥棒 »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事