« 40℃ | トップページ | サバの缶詰 »

2013年8月10日 (土)

8.12真夏の天体ショー

night七夕の後、8月12日夜から13日早朝にかけて、別の天体ショーが見られるそうです。
「ペルセウス座流星群」というのがやって来るとのこと。
真夏の天体ショー
今年の月は真夜中になる前に沈むため、月明かりが邪魔になるようなことはありません。
最高の条件のもと、流れ星を楽しむことができそうです。
観察には望遠鏡も双眼鏡も必要なく、夜空を見上げるだけ。
条件がそろえば、1時間に数十個の流れ星が見られることも。
郊外など明かりの少ない所では1時間に50個以上の流れ星をみられる可能性も。
流れ星は「ペルセウス座」の方向を中心として四方八方に飛ぶようにみえます。
このため、見る方角を気にすることなく、楽しめます。Fw:電子メールで送信: Per_20080813<br />
 _0414.jpg
午後9時頃より前は、ペルセウス座がまだ低い位置にあるため、 流れ星はあまり見られません。
午後9時を過ぎると、位置が上がり、流れ星の出現も活発に。
空が明るくなりはじめる前に最も多くの流れ星が出現します。
屋外で目が暗さになれるまで最低15分間は観察を続けましょう。
・・・・だそうです。
今のところ、天気は良さそうですから、流れ星が見られるかもしれません。

« 40℃ | トップページ | サバの缶詰 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事