« 千早地域文化創造館 | トップページ | 稽古のあとで »

2013年8月27日 (火)

千早亭稽古会

ear7時ちょっと過ぎに稽古場に入ると、もう始まっていました。
千早亭稽古会
いつも失礼していた私が参加したので、今日は7名が参加。
 ◇ 湯屋番          千早亭竜太楼
 ◇ 粗忽の釘        千早亭屏風
 ◇ 三味線栗毛      千早亭永久
 ◇ 天狗裁き       千早亭百人
 ◇ 町内の若い衆    千早亭軽太
 ◇ 時々そば       千早亭早千
  ワッフルさんは今日はパス。
千早亭稽古会
竜太楼さんは「湯屋番」。ほぼ完成の域です。
千早亭稽古会
屏風さんは「粗忽の釘」。夫婦のやり取りが可笑しい。
千早亭稽古会
百人さんは「天狗裁き」。珍しく?古典落語に忠実な演出。
軽太さんは「町内の若い衆」。彼は上達して余裕が出て来ました。
オリジナルのマクラまで工夫しています。
千早亭稽古会
早千さんは、「時そば」ならぬ「時々そば」。
お得意の歌をふんだんに取り入れた、相変わらずの意欲作。
あと本番までちょうど1ヶ月。
それぞれの仕上がり状態は違いますが、熱気を帯びて来ました。
私の「三味線栗毛」は、未だに読み稽古。
それでも、久しぶりに正座して稽古したので 、汗だくでした。
でも、やはり稽古は楽しい。

« 千早地域文化創造館 | トップページ | 稽古のあとで »

千早亭」カテゴリの記事