« めくりの手配 | トップページ | ご贔屓へ »

2013年8月28日 (水)

間が悪い

denim地球の反対側で、柔道の大会が開かれています。
競技団体が色々と物議を醸している時期だけに、複雑な眼で見ている部分は否めませんが、トップはアホでも、現場の選手たちは、今までのところそこそこ健闘しているように思います。
tv某テレビ局が、朝早く中継をしているようですが、初日と翌日の2日連続で、一番肝心な決勝戦の最中に地上波生中継の番組が終了してしまいました。
特に、今朝は、日本選手が相手の反則技で左ヒジを痛めてピンチに陥った時に中継が切れてしまい、後の番組内で中継が再開された時には、すでに決着がついていたという。
日本選手の起死回生の大内刈りのシーンはVTRでの映像。
歓喜の金メダルの瞬間を生で流せなかったというのは、いくらなんでも不手際と言われても仕方ないでしょう。
私は、いつもの朝食の時間帯に当たり、初日も今朝も、途中で試合中継が切られてしまいましたので、素朴に「なんだこれ、融通が効かない局やスポンサーなんだな」と思っていました。
この局には、数多くクレームが寄せられていることでしょう。
この時に放映されたCMのスポンサーは、えらい迷惑でしょうね。
どこだったかなぁぁ。
それにしても、お役所仕事みたいです。
でも、某国営放送なら、スポンサーがいないから、「番組終了の時間ですが、このまま柔道放送を続けさせていただきます」って、言ってたかもしれません。
結局、サービスの差というのは、こういう時に表れるものなんです。

« めくりの手配 | トップページ | ご贔屓へ »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事