« 奮闘馬石の会 | トップページ | カラッとした暑さに? »

2013年8月23日 (金)

電力不足と水不足

sunこの夏の暑さで、もっとずっと前から騒いでも良いのにrain
ところが、お盆前頃までは、あまり「水不足」「電力不足」などとは言われなかった気がするのです。
thunder皆さんは、どのように感じていらっしゃるでしょうか?
降雨不足だったのに、ダムが干上がるなんていう映像は、ほとんど報道されませんでした。
灼熱なのに、昨年や一昨年のような節電キャンペーンは鳴りをひそめていた気がするのです。
ところが、お盆を過ぎた頃から、盛んに「水不足」「電力逼迫」が騒がれ始めました。
四国のダムのことや、取水・給水制限のニュース。
そして、昨日はとうとう、関西や中部など4電力会社で電力需要が今夏最大を更新し、関西電力は、電力需要が想定より高く推移しているとして、東日本大震災後初めて他の電力会社に緊急の電力融通を要請したというニュース。
それみねぇな、やっぱり、水も電気も足りねぇんじゃねぇか・・。
本当に、後手後手の国ですね。
ユーザーサイドの節水・節電は当然必要だと思いますが、供給サイドの企業が、天候が供給不足の言い訳になると思って、事前の対策や工夫を怠っているのだとしたら、とんでもないことです。
電力会社の態度を見ていると、どうせそんな感覚でいるのだろうと思ってしまいます。
既に、信用や信頼が完全に地に墜ちてしまっていますから。

« 奮闘馬石の会 | トップページ | カラッとした暑さに? »

巷談」カテゴリの記事