« 東北勢大活躍! | トップページ | 桜島噴火 »

2013年8月20日 (火)

お江戸あおば亭のエントリー

pen11月23日の「お江戸あおば亭」の出演者のこと。
談亭志ん志師匠のご尽力で、11人がエントリーという、素晴らしい状態です。
今回は、会場も広くし、上演時間も長く取れますので、寄席形式で運営して行こうと思っています。
いつものメンバーも含めて、以下のように多彩です。
  ◇粗忽長屋          談亭志ん志
  ◇千早ふる(&俗曲)    南亭蕪生
  ◇抜け雀            金願亭乱志  
  ◇長短            杜の家くるみ
  ◇(創作)支倉常長伝     桂友楽
    ◇松山鏡            愛し亭朝大
   ◇酢豆腐orかたきの首    喰亭寝蔵
  ◇宗論(&踊り)        恋し家古狂
   ◇子ほめ           賀千家ぴん吉
    ◇青菜             井の線亭ぽんぽこ
    ◇鼓ケ滝            杜の家頓平
蕪生師匠は、三味線で自慢の喉もご披露される予定。
友楽師匠は、慶長遣欧使節出帆400年記念の創作落語。
古狂師匠は、奴さんかかっぽれを踊ってくださるようです。
頓平師匠からは、出囃子に「青葉もゆるこのみちのく」のリクエストがあり、蕪生師匠がチャレンジしようということになって・・・・。
”仙人生活”を終えたばかりの私は、会場・番組・チラシ・プログラムを、「乱志アド」にて受け玉川(多摩川)にまいらないといけません。
それから、まず私が自重すれば良いのでしょうが、くるみさん・ぴん吉さん・ぽんぽこさんの演目は、「長短」「子ほめ」「青菜」も、とても良いと思いますが、仲入り前や深い場所でじっくり演っていただきたいと思うのです。
今回は、寄席形式ですから、「山」を何ヶ所か作れますので、若手3人は、遠慮せず、もっと大きな噺をやってもらいたいと思います。
であれば、私は「抜け雀」などという僭越な噺でなく、「道灌」あたりにしても全く構いません。

« 東北勢大活躍! | トップページ | 桜島噴火 »

落研」カテゴリの記事