« 曼陀羅 | トップページ | 全国戦没者追悼式 »

2013年8月15日 (木)

南部の火祭り

南部の火祭り南部の火祭り
南部の火祭り
我が町で、毎年8月15日に行われる夏の一大風物詩「南部の火祭り」。
盆の送り火と川供養の奇祭であると同時に稲を病害虫から守るための虫送りの意味も込められていると云います。
オープニングを飾る「投松明」、「大松明」の炎が仏様の道明かりとなり「灯篭流し」が厳かに行われます。
一斉に点火される「百八たい」が富士川の両岸で燃え上がると、祭りはクライマックスを迎えます。
江戸中期の元禄時代頃に、富士川下流沿岸で広く行われていましたが、次第に縮小され、現在は南部町の富士川沿岸のみ行われています。
母の実家も富士川沿岸でしたから、私が小学生の頃は、投松明や百八たいを見物したものでした。

« 曼陀羅 | トップページ | 全国戦没者追悼式 »

季節・散歩」カテゴリの記事