« 儚い命 | トップページ | 行く川の流れ »

2013年8月18日 (日)

名産・名品

fish妹の同級生が、生のしらすと桜エビを持って来てくれました。
名産・名品
茹でたり干したりして、この近辺の名産品ですが、なかなか生では食べられません。
「生では他所では食べられないから、すぐに食べてください」と。
彼女は、実家の父親の面倒を看に、嫁ぎ先の沼津から月数回通っているそうです。
お父さんは間もなく90歳だそうです。
竹細工の職人さんで、籠や笊などを編む匠の技は、残念ながら後継者がいません。
まだ、注文に応じて作っているそうです。
生しらすと生桜エビの話題に戻りますが、とにかく新鮮で美味です。
ほんのちょっと醤油をたらして…。
たまりません。

« 儚い命 | トップページ | 行く川の流れ »

グルメ」カテゴリの記事