« 習志野圓生祭 | トップページ | 坂東三津五郎さん »

2013年8月26日 (月)

飲酒運転撲滅大会?

bottle公務員が飲酒運転して、幼い兄弟3人が犠牲になった事故から7年になるそうです。
事故を起こした男が当時勤務していた某市役所では、職員ら1500人が黙とうをささげ、飲酒運転撲滅の誓いを新たにしたというニュースがありました。
この市では、毎年、この日に合わせて飲酒運転の撲滅を目指す大会を開いているそうですが、確か、この事故の後も、職員が飲酒運転で事故を起こして、市長が全職員に禁酒命令を出して、マスコミなどの議論の的になりました。
私も、そんなことまでしないといけないような職員のレベルに呆れました。
少なくとも、相応の民間企業ではあり得ないことですから。
酒もタバコも、兎にも角にも迷惑極まらないもので、酒タバコを好む(飲む・吸う)人が我が物顔に振る舞っていた時代は、やはりおかしいですよね。
しかし、酔っぱらいと歩行喫煙者は、未だに撲滅出来ていません。
昨日の帰りも、今朝も、私の前には、火の点いたタバコを持って歩いている輩がいました。
・・・なんてことを言っている傍から、今朝、同じ某市に本社のあるバス会社で、貸し切りバスの運転手が、乗務前の飲酒検知で息を吹き込む検知器のストローに細工をして結果をごまかしていたというニュースが流れていました。
何と、アルコール分が体内に残った状態で約170キロを乗客35人を乗せて運転した疑いがあるそうです。
本当に、どんな奴等なんでしょう。
なにを考えているのでしょうsign02
バス会社も、1ヶ月ぐらい全業務停止処分にしても良いと思います。
そうか、だからこの某市では、「飲酒運転撲滅運動」なんていうのをわざわざやらないといけないんですね。
こうなると民度の問題ですかな?
プロとしてあるまじき飲酒運転をする、冷蔵庫の中の写真をウェブに投稿する・・・。
ごく一部(一人)の心ない輩のために、組織や多くの善良な人が迷惑をする・・・。
「厳罰に処すべし!」ですね。

« 習志野圓生祭 | トップページ | 坂東三津五郎さん »

巷談」カテゴリの記事