« うらわ落語選手権 | トップページ | 「まくら」配信 »

2013年8月28日 (水)

いとう松坂

cat落語「猫怪談」の部分・・・。
深川蛤町の裏長屋に与太郎が住んでいたが、育ての親の親父が死んでしまった。
線香も買えず、その支度準備が未だ出来ていなかったが、大家さんが一通りの手配をして、お寺の場所を確認すると、谷中の瑞林寺だという。
お金がないから早々に通夜も済ませ、与太郎が後棒、月番のラオ屋の甚兵衛さんが前棒、大家さんが提灯持ちという出で立ちで、四つ、今の時間で夜10時、担ぎ出した。

上野、いとう松坂に差しかかったのが、もう12時、当時の九つ。
そこを右に曲がって、三枚橋、池之端にかかり、七軒町を通って谷中に抜けるのが近道・・。

この文中にもあるのが、「いとう松坂」。
今の、「松坂屋上野店」です。
Fw:電子メールで送信: 200px-Ueno_m<br />
 atsuzakaya.jpgプレスリリースがありました。

松坂屋上野店は現在、本館・南館の2館体制で百貨店事業を運営していますが、このうち南館について平成26年3月をもって営業を終了し、商業、シネマコンプレックス、オフィス機能を備えた高層複合ビルに建替えることにより、土地の高度利用をはかることといたしました。建替え後の新南館は、地下1階から10階までの低層部を商業施設とし、地下1階は本館と一体化するとともに、地上3階と6階に設置するブリッジで本館と接続いたします。
地下1階は大丸松坂屋百貨店が本館地下1階と一体で食品フロアを運営し、1階から6階には昨年当社グループに新たに加わった「パルコ」が、7階から10階には「TОHОシネマズ」が入居いたします。
高層部の12階から22階までは交通至便の立地を活かした高機能オフィスとして賃貸し、安定的な不動産収入をはかります。
なお、上野店本館につきましては、現在南館で展開している売場の移設を含め全館改装を実施し、平成26年3月にグランドオープンする予定です。

本館に隣接する南館が高層ビルになるんですね。
上野には、なぜか高層ビルがありませんから、図抜けて高いビルになります。

« うらわ落語選手権 | トップページ | 「まくら」配信 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事