« 富士山山開き | トップページ | プチ銀座落語祭 »

2013年7月 1日 (月)

富士山と八ヶ岳

pencil小学生の頃、「昔、八ヶ岳は富士山よりも高かった」という民話?を教わりました。
八ヶ岳あたりにバス旅行に行くと、ガイドさんも必ず触れていましたから、山梨県民以外の方でも、ご存知の方は多いかもしれません。
富士山とハヶ岳は、ともに日本で名のある高い山です。
しかも、毎日向かい合っています。
大昔、高さを競って、背比べをしたという話です。

大昔、日本と大陸は陸続きて、見渡す限りの大平原でした。
その中で、ひときわ高くそぴえている山が富士山と八ヶ岳です。
ある時、富士山の女神の浅間さまと、八ヶ岳の男神の権現さまが、「いったいどちらが高いのか」と、言い争いをはじめました。
「私の方が高い」「いや、わしの方じゃ」と、お互いに譲りません。
そこで、二つの山の神さまは、木曽の御岳山の阿弥陀如来さまに頼んて、背比べの判定役をお穎いすることにしました。
「さて、どのようにして比べたらよいものか…。」
阿弥陀如来さまは考えこんでしまいました。
何日も思案したすえに、名案が浮かぴました。
「二つの山のてっぺんに、長い樋をわたし、水を流したらどんなものか。水は高い方から、低い方へ流れて行くはずだ」
背比べの日、冨士山も八ヶ岳も、ともに自信をもって胸を張りました。
阿弥陀如来さまは二つの山に樋を渡し、早速水を流してみました。
すると水は、冨士山の方へと流れて行きました。
大昔は、富士山よりも、八ヶ岳のほうが背が高かったのです。
八ヶ岳は得意になりましたが、気の強い冨士山の女神さまは、悔しくてなリません。
思わず八ヶ岳の頭を、ごつんと、殴ってしまいました。
すると、八ヶ岳の頭は八つに割れてしまいました。
この日から、富士山は日本一の山になリ、八ヶ岳は今日の姿になったということです。

当時は、だから女性のヒステリーは怖いというオチでしたが。
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2013/07/01/12.html
八ヶ岳と甲斐駒ケ岳も今日が山開きだそうです。
八ケ岳と甲斐駒ケ岳が山開きとなった1日、北杜市内で開山式が行われ、関係者が登山客の安全な登山を祈願した。

« 富士山山開き | トップページ | プチ銀座落語祭 »

徒然」カテゴリの記事