« 三遊亭圓窓一門会 | トップページ | お祝い »

2013年7月22日 (月)

土用丑の日

dash雑節のひとつ。
一年を五行説にあてはめ、春は木、夏は火、秋は金、冬は水として、余った土を季節の変わり目に置きました。
土用は立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間。
本来は年4回ありますが、現在は立秋前の土用のみを指しているようです。
bb
土用丑の日に鰻を食す。
これを日本中に広めたのは、平賀源内。
「丑の日に“う”のつく食べ物を食べると、元気に過ごせる」という言い伝えから、知人のうなぎ屋さんの店先に「本日土用丑の日」と書いた紙を貼ったところ、店はお客でフル回転となったそうです。
以来、土用の丑の日には、まず「鰻」と定着したという・・。
丑の日は、鰻はもちろん、梅干し、うどん、うり(きゅうり、スイカ)など「う」のつく食べ物を食べると夏バテしないそうです。
「鰻と梅干しの食べ合わせ」も、全く根拠がないそうです。
でも、今日が土用丑の日だからと言って、競って食べるのって、おかしいと思いますが。
昨日でも、明日でも、明後日でも、来週でも良いと思うのですが・・・。
ただし、これからは鰻がますます高値の食材になってしまいそうですから、なかなか食べられなくなるでしょう。
「"う"のつく食べ物を食べるのが難しくなる、難儀をするようになる、"う"が難儀になるから、"う"が難儀、う難儀、うなぎ・・・・。
矢が当たって”か~ん”・・・・・。

« 三遊亭圓窓一門会 | トップページ | お祝い »

季節・散歩」カテゴリの記事