« 平均寿命 | トップページ | 国立演芸場のチラシ »

2013年7月27日 (土)

高速鉄道脱線転覆事故

bullettrainスペインで、高速列車の脱線転覆事故がありました。
http://www.nikkei.com/video/?bclid=67379774001&bctid=553593972002&scrl=1&t=1Fw:電子メールで送信: 20130726-000<br />
 00000-nnn-000-0-thumb.jpg事故の映像が配信されていますが、物凄い事故です。
一瞬、何年か前に関西で起こった事故を思い出しました。
制限速度を大きくオーバーしてカープに入り・・・。
何でも、制限速度80キロのところ、2倍以上の時速約190キロで走行していたという話もあるようです。
日本で言えば、新幹線がほぼフルスピードでカーブに差し掛かり、そのまま脱線転覆したという・・・。
速度を自動制御する装置は設置されていたと言うことですが。
この間のアメリカの航空機事故でも、自動操縦装置が問題になっていたと思いますが、自動と手動の隙間があったとすれば・・・、恐ろしいことです。
原発もそうですが、人間がコントロール出来ない領域が増えると言うことは、やはりとてつもなく危険だと言うことですね。
ここのところは、利便性や収益性以前に、もっと謙虚に、真摯に考えるべきでしょう。
駕籠に乗っていて危険なら、足を出して着けばいい・・・。

« 平均寿命 | トップページ | 国立演芸場のチラシ »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事