« 投票 | トップページ | 深川不動尊 »

2013年7月21日 (日)

攻守逆転

攻守逆転 昨日の大相撲14日目の土俵。
連勝記録を続け早々に優勝を決めた盤石な大横綱と横綱取りに早々に失敗したプレッシャーに弱い大関。
人間の心理というのは、歴戦の勇士でも動揺するものなのですね。
昨日の結び前の二人の対戦は、まるきり景色が逆さまでした。
私のような素人でも、横綱の落ち着きのなさ、気後れみたいなものが分かりました。
立ち合いにひっかけたり、待ったをした姿は、無敵の連勝を続けている横綱の重厚さとは全く違いました。
案の定、相撲にも如実に現れ、ドタバタしていました。
たらればですが、前半こんな相撲を取っていれば、この大関も…。
でも、その蹉跌があったから、こんな横綱相撲を取ることが出来たのでしょう。
常磐線沿線出身の横綱も、近いうちに実現するかもしれません。
そういう意味でも、歴史に残る一番だったかもしれません。
しかし、負けた横綱も立派でした。

« 投票 | トップページ | 深川不動尊 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事