« 命を守る行動 | トップページ | (大衆芸能脚本)受賞作品の会 »

2013年7月30日 (火)

減給処分?

thunder某電力会社は、福島原発で放射性物質を含む地下水が海に流出している問題で公表が大幅に遅れた責任を取るとして、社長ら3人を減給処分にしたそうです。
放射性物質を含む地下水が海に流出している問題を巡り、海への流出の可能性が高いと判断していましたが、漁業への風評被害が懸念されるとして1か月以上も公表しなかったという、相変わらず自己保身しか考えられない組織。
これについて、流出の可能性が分かった段階で積極的に公表する姿勢に欠け、公表時期が大幅に遅れたとして、社長と原子力部門を担当する副社長を、いずれも1か月間の減給10%の処分としたという・・・。
そもそも、減給とかいう処分で済まされる性格の不祥事ではない気がします。
処分して反省をしたふりをするだけのもので、何も痛みは感じないでしょう。
仮に、給与で処分するのなら、半年や1年無給にして、住民のために働くべきだと思います。
それぐらいの間食いつなげる金は、被災者などどこ吹く風で、以前からぬくぬくともらっているはずですから。
本当に学習能力のない、人の(命の)ことを考えない組織ですね。
何を守ろうとしているのでしょうか?
何万人もいる社員ですか?
建前はそうかもしれませんが、結局、自分たちだけの保身だけのような気がします。
彼らだけの価値観とメンツで固まった、全く血の通わない組織という怪物に集まる自称エリートの寄生虫のように見えます。
ウルトラセブンにやっつけてもらいたい。
最近、政治や大企業への批判が多くなって来ました。
決して、激しいことを考えたり、言ったりしているつもりはありません。
素朴に、自然に、人として思うんです。
人が平和に生きて行くことを考えたいからです。

« 命を守る行動 | トップページ | (大衆芸能脚本)受賞作品の会 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事