« 水無月の落語徘徊 | トップページ | 富士山と八ヶ岳 »

2013年7月 1日 (月)

富士山山開き

fuji7月1日は富士山の山開き。
今年は、世界文化遺産登録後初めての山開きですから、昨日から大騒ぎという感じです。
新聞記事では。
吉田口登山道5合目の駐車場は、午前8時過ぎの段階で満車に近い状態。
7~8合目では、登山者の長い行列ができた。
6合目安全指導センターの職員によると、例年の山開き前日より登山者数は2割ほど多めという。
夜に入ってからも、山頂で夜明けを待とうと登山者たちが続々と山を登り始めた。
定点からのこの数ヶ月の富士山の姿を回顧してみました。
新東名高速道路新清水IC料金所からの富士山です。
富士山山開き
秋の頃の姿で、また雪も少なめ。
富士山山開き
年が明けてから、こんな感じが一番バランスが良いかも。
富士山山開き
晴れていても富士山の全容が見えないこともあります。
富士山山開き
春の霞の中、ややぼんやりとした季節。
富士山山開き
これは、今日世界文化遺産登録が決まるという日の姿。
富士山山開き
これは、先週土曜日の姿。
テレビや新聞では、地元の様子が報道されていました。
富士宮浅間神社にある湧玉池に入って清める昔ながらの装束の人たちもいましたが・・・。
新聞記事には。
6月の世界文化遺産登録で観光ブームが期待される一方、登山者の大幅増に伴う事故や環境破壊も懸念される。
山梨、静岡両県は、徹夜で山頂を目指す「弾丸登山」の自粛やマナー順守などを呼び掛けている。

とにかく、平和で美しい山でいて欲しい。
それだけですね。

« 水無月の落語徘徊 | トップページ | 富士山と八ヶ岳 »

季節・散歩」カテゴリの記事