« 銀座暮色 | トップページ | 昭和元禄落語心中(4) »

2013年6月 7日 (金)

弾丸登山

fuji 初めて聞く言葉でした。「弾丸登山」。
弾丸登山とは、睡眠などを取らずに山頂を目指すこと。
富士山の世界文化遺産登録が確実となり、登山者増加が見込まれる中、山梨、静岡両県は観光庁に、徹夜で登る「弾丸登山」の自粛を旅行業団体などを通じて呼び掛けるよう求めたそうです。
富士山の弾丸登山は、5合目から夜間に登り、頂上でご来光を見てすぐ下山するスタイル。
暗い中、ガイドもいない環境での登山には道に迷ったり足を踏み外したりする危険もありますし、途中で体調を壊すなどして登頂出来ないことも起こりますよ。
それにしても、山頂の「渋滞」は尋常ではありません。
自然を守る上からも、様々な危険を回避する上からも、遭難時などのコストの面からも、入山料の徴収も含めて、一定の制限をして欲しいと思います。




富士山がかわいそうですよ。
静かに眺めている山だと、地元の者としては思うのですが。

« 銀座暮色 | トップページ | 昭和元禄落語心中(4) »

巷談」カテゴリの記事