« ガラパゴス化 | トップページ | 目薬 »

2013年6月20日 (木)

やっぱりウミネコだった

chickこれは都鳥?それともウミネコ?

でも、ウミネコが不忍池にいる訳ないし・・・。
でも、先日不忍池畔を歩いた時に、杭やボートの端に止まったり、群れをなして飛んでいたのは、やはりウミネコだったようです。

こんなニュースがありました。
北海道や東北の離島などで子育てをするカモメの仲間のウミネコが、上野のビルの屋上で繁殖していた。
東京大学の某教授(生態学)が初めて確認した。
繁殖力が強い鳥だけに都市の生態系に影響を与えないか、調査を続けていくという。
海鳥のウミネコは春、北海道や東北地方の海岸の岸壁や沖の小島で子育てをする。
都内で姿を見かけるのは越冬期だけだった。
しかし、4~5年ほど前から、春から夏にかけても、都内で姿が見られるようになった。
ただ、これまで繁殖は確認されていなかった。
今年6月末、上野の不忍池に近いビルの屋上で約200羽が集まり、20~30のペアが営巣しているのを見つけた。
複数の幼鳥もいた。
ウミネコは近年、減農薬の水田が増えたことなどから、東北地方では内陸でも姿が見られるようになり、数も大きく増えている。
生態への影響も含め、まだ不明な点が多い。

今まで、カラスが目立っていましたが、先日はこの白っぽい鳥が多くてびっくりしました。
また、動物愛護を気取ってか、ただの無責任な動物好きな人が、餌をやったりするんでしょうね。
生態系が崩れるのも心配です。

« ガラパゴス化 | トップページ | 目薬 »

徒然」カテゴリの記事