« 下宿家さん丈さんから | トップページ | おバカ官僚 »

2013年6月13日 (木)

10万年後の人間の顔

shock「10万年後の人間の顔」とされる、大きな目の男女の画像が、世界中で話題になっているそうです。
Fw:電子メールで送信: f1.jpg
世界有数の経済紙や、アメリカの3大ネットワークの1つでも紹介されているとのこと。
アメリカ在住のアーティストで研究者の人と、大学でコンピューターゲノミクスを研究する人が作成。
2人は遠い未来、人類が地球外で生活することになると予想し、地球より光の少ない惑星に住むことなどを想定して、「10万年後の人間の顔」を予測したそうですが・・・。
・人類は、地球と比べて太陽からより離れた薄暗い星で生活するようになるため、目がとてつもなく大きくなる。
・人類は地球のオゾン層の外で生活するようになり、より有害な紫外線を浴びるようになる。その結果、紫外線からのダメージを防ぐため、肌の色素が強くなる。
・人類は重力が弱い環境、もしくは無重力の環境で生活するようになり、弱い重力による方向感覚の狂いが起きないよう、瞼が分厚くなり、眉弓(眉毛のところにある弓状の隆起)がよりくっきりする。
・惑星外での呼吸をより円滑にするため、鼻の穴が大きくなる。
・頭が大きくなることで生じる熱の放出を抑えるため、髪の毛の密度が高くなる。
・・・と、こんな顔になるそうですが、気持ち悪ぅ・・・。

« 下宿家さん丈さんから | トップページ | おバカ官僚 »

巷談」カテゴリの記事