« 会場での配布物 | トップページ | 仲入り »

2013年6月11日 (火)

談亭志ん志師匠

bomb いよっsign01待ってましたsign03
落研御三家の雄、「談亭志ん志」師匠の上がりには、必ずあちらこちらから声がかかります。
今回も目玉であることは間違いありません。
談亭志ん志師匠
今回の落語会がこんなに賑やかに開催できたのは、もう全て志ん志師匠のご尽力によるものだと言っても過言ではありません。
私が、僭越ながらトリを取らせていただくことが出来るのも、この偉大な先輩の包容力のなせるものだと、心から感謝しています。
談亭志ん志師匠
もちろん、至芸は健在。
マクラでは、必ず「お客さまにはご愁傷さまで」とご謙遜から入り、噺で客席をどか~んと爆笑の渦に誘い込むという・・・。
噺の選び方も素晴らしく、志ん志師匠のお人柄が出て、芸風に加えた楽しさ・明るさに溢れています。
私のお客さんでも、やはり志ん志師匠と寝蔵師匠のファンは多く、必ず「今回も出るんでしょ?」と、尋ねられます。
楽屋で、「次の一番丁はずみ亭は、いつ頃やりましょうか」と、また良からぬ相談が始まりました。
落語中毒、ここに極まれり・・・。

« 会場での配布物 | トップページ | 仲入り »

落研」カテゴリの記事