« 芒種 | トップページ | うえの »

2013年6月 5日 (水)

日比谷濠

shoe今朝も昨日と同様、二重橋前で下車しての歩き稽古です。
日比谷濠
今日は、西生が酒を飲みながら、身延詣りの思い出話をする場面からオチまで。
日比谷濠
このあたりは、皇居の「日比谷濠」と呼ばれている所です。
馬場先門から日比谷門までの間の呼称のようです。
馬場先門は日比谷門と和田倉門の間にあり不開門(あかずのもん)と称されていましたが、日露戦争後、明治39(1906)年に馬場先濠は埋め立てられ、馬場先門は撤去され、現在は、石垣の一部が残存しているだけです。
日比谷濠
日比谷濠は、徳川家康が江戸入府時には日比谷入江と称される海岸線だったそうです。神田山の切り崩しによって、土と桜田濠の開削時の土で、日比谷入江は埋め立てられ、その日比谷入江の名残が日比谷濠という訳です。
以前聞いた話ですが、この日比谷濠の突端にある水門が、皇居のお濠の最も"下流"にあたり、ここから排水されているそうです。
江戸時代には、江戸城の内郭にある門のひとつ日比谷門に、三十六見附のひとつ日比谷見附が置かれていたそうで、日比谷公園の中に跡が残っています。
日比谷濠
どうも、周りを見ながら歩いているので、稽古には身が入っていないかもしれません。

« 芒種 | トップページ | うえの »

徒然」カテゴリの記事