« 学士会落語会例会の案内 | トップページ | 七夕飾り »

2013年6月24日 (月)

日本三大松原

fuji「はごろも」っていう題の歌だったんですね。
   「はごろも」      
 作詞:林 柳波 作曲:橋本国彦
 白い浜辺の 松原に 波が寄せたり 返したり
 あまのはごろも ひらひらと 天女の舞の 美しさ
 いつかかすみに つつまれて 空にほんのり 富士の山

「日本三大松原」と呼ばれている松原があるそうです。
静岡県静岡市清水区の「三保の松原」、福井県敦賀市の「気比の松原」、佐賀県唐津市の「虹ノ松原」の3ヶ所だそうです。
個人的には、以下の2つの松原に思い出があります。
ひとつは、「千本松原」。

静岡県沼津市の狩野川河口から、富士市の田子の浦港の間約10kmの駿河湾岸(正式名称富士海岸、通称千本浜)に沿って続いている松原。
ここからも、松林越しに富士山を望むことが出来ます。
そう、ちょうど真南からちょっと東寄りから富士山を望みますから、西南からの三保の松原とは反対側のイメージです。
ここも数々の文人たちに愛されたということで知られています。
日本百景、日本の白砂青松100選にも選ばれているそうです。
勿論、千本と言うのは多いものの例えで、実際には30数万本以上あるというということです。
まだ東名高速道路が開通する前は、この松原沿いの東海道(国道1号線)を走っていました。
東海道五十三次で言えば「沼津」~「原」~「吉原」のあたりです。
Fw:電子メールで送信: 230px-Collap<br />
 sed_Rikuzentakata_Youth_Hostel_and_a_Pine_Tree_of_Hope.jpgそれから・・高田松原。
岩手県陸前高田市にかつて存在した松原。
高田松原は江戸時代、豪商・菅野杢之助によって植栽され、仙台藩と住民の協力によって6200本のクロマツが植えられた。
その後、増林が行われ、クロマツとアカマツ合計7万本もの松林は、仙台藩・岩手県を代表する景勝の一つであり、白砂青松の景観は世に広く評価されていた。
・・・あの日までは。
学生時代の落研の夏の合宿で行きました。
2011年(平成23年)3月11日の東日本大震災で、10メートルを超える大津波により、ほぼ全ての松がなぎ倒され壊滅した。

« 学士会落語会例会の案内 | トップページ | 七夕飾り »

巷談」カテゴリの記事