« 外部講演会 | トップページ | 会場での配布物 »

2013年6月11日 (火)

破れ家笑児師匠

eyeglassすみません。
写真がぼやけてしまいました。
破れ家笑児師匠
だからと言って、噺がぼやけている訳ではありません。
破れ家笑児さんの「やかん」。
破れ家笑児師匠
この、飄々とした、ライト感覚の、とても楽しい雰囲気の高座が大好きです。
私が、逆立ちをしても出せない、本当にい~い味なんです。
この「やかん」というのは、笑児さんが入部した時に、同期の「北々亭芋助」さんが演った噺で、私も印象に残っていて、きっとほとんど覚えてしまっていたのではないかと思います。
落語芸術協会がやっている「花伝舎」で、プロの噺家さんから指導も受けているし、蕪生師匠と、この浅草ことぶ季亭のお席亭の弥生師匠から、三味線なども習っていて、渋い人です。
「笑児乱志二人会」構想も、「一番丁はずみ亭」で、一旦控えていますが、そのうち・・とー勝手に思っています。
今回は、2年先輩のとん平師匠、1年後輩の笑児さんと、現役時代に一緒に過ごした人たちと、また同じ高座に上がれる幸せも感じました。

« 外部講演会 | トップページ | 会場での配布物 »

落研」カテゴリの記事