« 富士詣り | トップページ | かつての定宿 »

2013年6月26日 (水)

118番

ship小型の漁船が真っ二つになって沈没する事故がありました。
外国の大型船舶が当て逃げしたのではと言われているそうです。
大きさは漁船の3000倍もあるそうですから、当てられたらひとたまりもありません。
海難事故の場合、海上保安庁に連絡するのでしょうが、電話番号は「110番」や「119番」ではなく、「118番」みたいです。
知りませんでした。
ところで、先日某キャスターがヨットで太平洋横断の愚挙の途中、案の定遭難して救助されましたが、救助にかかった費用などは、本人には請求されないそうです。
仕事や交通機関を利用していて遭難の場合ならともかく、釈然としません。
業務なら保険(あるのかな?)を掛けたりしてあるはずですし。
生兵法には、相応な負担をさせるべきだと思います。

« 富士詣り | トップページ | かつての定宿 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事