« 会報「あおば亭」の編集 | トップページ | 車窓 »

2013年5月21日 (火)

可杯(べくはい)

bottle可杯(べくはい)は、さかずきの一種で、「べくさかずき 」とも言います。
可杯(べくはい)可杯(べくはい)
漢文で、「可」の字は「可 二 ○○○○ 一 」( 一 、二 は返り点)のように、常に句の上に来て、けっして下に置かない。
このことから、飲みほさなければけっして下に置くことができないさかずきのこと。
 可杯(べくはい)
可杯の形は何種類かあります。
まず、さかずきの底にちいさな穴がうがってあり、さかずきを持つ手の指でその穴をふさぎ、飲みほさなければ下に置くことができないもの。
天狗面のさかずきは、容量は8勺ほどで、その鼻(容量は5勺ほど)を持って酒を飲むもの。ひょっとこ面のさかずきは、面の口にひらく穴を指の腹でふさぎながら酒を飲む形。
「試し酒」あたりに、この「可杯」のことを触れた台詞が出て来ます。
それにしても、下戸の私にとっては恐怖の杯です。

« 会報「あおば亭」の編集 | トップページ | 車窓 »

徒然」カテゴリの記事