« はなしか写真展 | トップページ | 落語・・・ »

2013年4月15日 (月)

落語っ子連稽古会

eye日曜日の落語っ子連の稽古会には、今回も欠席させていただきましたが、窓口さんが、MLに丁寧なレポートを投稿してくださいました。
出席者は、まど音・越児・百梅・千公・新参・窓口さんの6名。
私と所要で欠席の仙三さん以外は全員参加です。
  ◇ 三流亭百梅       猫の皿(読み稽古)
  ◇ 三流亭越児       酢豆腐(読み稽古)
  ◇ 三流亭千公       ぞろぞろ(読み稽古)
  ◇ 三流亭新参       豆屋
    ◇ 三流亭窓口       寝床(読み稽古)
新参さんの豆屋は、いつでも発表できる出来栄えだったそうです。
師匠からは、それぞれにいつものように的確なアドバイスがあったということで、そのままいただきました。
 ①調子で思わず出る「え-」は、極力避ける。
 ②場面によって「こころでつぶやく」ことで、いい間が生まれる。
 ③動作とせりふを同時にすることで、リアル感が出る。
 ④語尾や助詞の活用で感情表現することがある。
なるほど、私がアドバイスいただき、心がけていることでもあって、とても共感できるものです。
次回から復帰するつもりでいます。

« はなしか写真展 | トップページ | 落語・・・ »

落語っ子連」カテゴリの記事