« 上野動物園 | トップページ | 卯月の落語徘徊 »

2013年4月30日 (火)

上野清水堂(清水観音堂)

cherryblossom江戸に平安京を作ろうということだったのでしようか?

上野の山と不忍池を使って、そのような大計画が立てられました。
平安京の比叡山に対して「東叡山(東の比叡山)」と名付けよう。
不忍池に弁天島を築いて琵琶湖に見立てよう。
清水観音(清水寺の観音)、祇園堂(八坂の祇園社)にならおう。
たくさんの桜を植えて花見客に開放しました。
上野の山全体を寛永寺とその関連施設で埋め尽くします。
その理由は、江戸城を真ん中にして、広大な面積を誇る寛永寺を東北の方角に配置します。
東北は鬼門の丑寅の方角です。
江戸城をはさんでちょうど反対側、南西の方角には徳川家の菩提寺である芝の三縁山増上寺があります。
江戸城から北東の方角に日光東照宮を置きました。
江戸を都市計画により、平安京と同じく風水で守ることに。
その中心が上野だったという訳ですよ。

昨年、こんな松も復活しました。
 
清水観音堂は、京都清水寺の観音にならい本尊も現地から勧請しています。
観音堂は観音信仰だけでなく、人形供養などでいまも多くの人々の信仰を集めています。


不忍池に浮かぶような弁天堂を、丸い松の枝越しに眺めます。
「崇徳院」の舞台、若旦那とお嬢さんの出会いの場所になる訳です。

« 上野動物園 | トップページ | 卯月の落語徘徊 »

季節・散歩」カテゴリの記事