« 「深川三流亭」初高座の二人 | トップページ | 春一番 »

2013年3月 1日 (金)

「深川三流亭」友情出演と代演

bud扇子っ子連の千早亭ワッフルさんと語りっ子連の紅巣亭鶴女さんは、師匠の一番弟子の「三遊亭吉窓」さんから、我々の稽古の前の時間帯で寄席の踊りの稽古をつけていただいています。
プログラム
今回、「深川三流亭」のメンバーは男性が多いのと、お二人の稽古の成果を発表する機会が少ないのと、各連の交流を深めたいというので、師匠から提案していただき、友情出演として、寄席の踊りで彩りを添えていただくことになっていました。
ところが、本番当日は、私がドタキャン、まど音さんが体調不良ということで、寄席の踊りだけではなく、落語の代演までお願いすることになりました。
ありがたいことに、お二人とも二つ返事でお受けくださいました。
友情出演と代演
ワッフルさんの踊りは、昨年ボランティアで落語の出前に行った時に拝見したことがありますが、とにかく座が明るくなり、盛り上がること請け合いです。
友情出演と代演
プログラムのまど音さんの場所で代演してくださったのは、紅巣亭鶴女さんの「芋俵」。
個人的にはあまり存じ上げませんが、以前落語っ子連の稽古に参加されて、英語で「もぐら泥」をお演りになりました。
物静かな雰囲気の語り口が印象的でしたから、やや尾篭な「芋俵」も、格調高く、上品なものになっていたことと思います。
友情出演と代演
こうやって、師匠が、一人ひとりの高座の後で、面白おかしくコメントをしてくださいます。
以前私が長講「浜野矩随」を演らせていただいた時は、私の噺より長くコメントやら色々なことを話してくださいました。
友情出演と代演
私の代演ということになるのでしょう、千早亭ワッフルさんの「ういろう売り」。
これは、歌舞伎で有名ですが、噺は師匠の創作で、長くて早口言葉のような口上があって、ワッフルさん一人しか演っていないはずです。
「ワッフル=ういろう売り」と言っても過言ではないほどの十八番。
扇子っ子連・千早亭でも、中心的な存在です。
こんなお二人のご好意で、むさい落語会が明るくなったはずです。
ありがとうございます。

« 「深川三流亭」初高座の二人 | トップページ | 春一番 »

落語っ子連」カテゴリの記事