« 花粉と黄砂 | トップページ | くにざかい »

2013年3月 9日 (土)

郷里にて

fuji弔問客の応対をしていると、私が全く知らない故人のエピソードや人となりを聞くことが出来ます。
郷里にて
掛け目半分としても、故人が周囲に及ぼしたことの大きさを知り、裏腹で、無知で不孝な倅が露呈しまい、悔しくもあります。
郷里にて
それでも、周囲の方々に助けていただきながら天寿を全う出来た故人は、幸せだったと思います。
今日は、告別式で弔辞を読んでくださった「M」さんが弔問に来てくださり、初めて聞く、今だから話すことが出来る逸話をたくさん聞かせてくださいました。
その後で、ワンパターンですが、昨日とは別の、富士山が見える場所に行ってみました。
今日も優しく聳えていました。

« 花粉と黄砂 | トップページ | くにざかい »

徒然」カテゴリの記事