« 落語はやおき亭 | トップページ | JR身延駅 »

2013年3月 3日 (日)

身延山久遠寺

日蓮宗総本山身延山久遠寺の総門。
身延山久遠寺
これより聖なる場所。
身延山久遠寺
寛文5年(1665)9月建立し、寛保元年(1741)日朝上人のとき改修し、安政7年(1860)日楹上人代屋 根替をした四脚門(高麗門)で、欅の角柱、瓦葺である。
高さ9.35メートル、間口6.36メートル、奥行3.64 メートル、自然石を礎石として、柱正面幅85.00センチメートル、柱側面幅56.00センチメートルで規模広大 である。
第三十六世日潮上人筆の「開会関」の大額が掲げてある。開会とは一切衆生の仏性を開発させ、すべてまとまる意味で、この関門はそういう信仰の境地に入るしるしという意味である。

心静かになる気がします。

« 落語はやおき亭 | トップページ | JR身延駅 »

季節・散歩」カテゴリの記事