« 2月の落語徘徊 | トップページ | 「深川三流亭」友情出演と代演 »

2013年3月 1日 (金)

「深川三流亭」初高座の二人

bellご覧の通り、いっぱいのお客さまの中で、初高座の二人。
初高座の二人
開口一番は、「三流亭千公」さんの「十徳」。
初高座の二人
何度かご紹介しているとおり、房総半島の突端にある館山の小学校の先生で、師匠の「落語の授業」がご縁で、昨年からメンバーになってくださいました。
何でも、月1~2回は東京に来て、土曜日は蕎麦打ち、日曜日が落語という、とても羨ましい生活で。
初めての噺は「十徳」で、教壇での癖を直すのに暫く小噺で稽古をしていたので、「十徳」は、直前の2ヶ月ぐらいで仕上げました。
緊張はしたと思いますが、ご本人も満足されたようです。
初高座の二人
次の高座は「三流亭百梅」さん。
もともと茨城の「噺っ子連」のメンバーだったのですが、勤務が筑波から東京に異動になったので「落語っ子連」にフリーエージェントで移籍して、「有難亭百梅」から「三流亭百梅」になりました。
我が連の最年少の好青年です。
今回も、急激な円安になって仕事が忙しくなり、一時は出演が危ぶまれましたが、本人の出演への強い熱意で、仕事のスケジュールと円ドル相場を仕切り、見事に出演に漕ぎ着けました。
独身ですが、師匠からは、「替わり目」の夫婦の会話がとても良いと褒められていましたが、本番ではどうだったでしょうか・・・?
初高座の二人、もう「さぁ次の噺は・・」と言っているようですから、頼もしい限りです。
それにしても、満員の会場でデビュー出来るなんて、とても幸せだと思います。

« 2月の落語徘徊 | トップページ | 「深川三流亭」友情出演と代演 »

落語っ子連」カテゴリの記事