« 千早亭のブログ | トップページ | 彼岸の中日 »

2013年3月20日 (水)

女性専用車両

train社会の秩序・安定・安心のために、色々なマナーやルールがあり、時として勘違いしていることがありものですが、例えば「女性専用車両」に乗ってしまったらどうなるのかという、どうでもいいような議論も・・・。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130223-00000301-bengocom-soci
「女性専用車両は、乗車客(男性客)の理解と協力のもとに成り立っているものであり、強制的に男性客の乗車を排除しているものではないわけです。つまり、鉄道事業者が男性の乗車客に対して、あくまでも任意の協力を求めているものであり、男性客の乗車を禁ずる法的根拠もありません」というのが、模範解答でしょう。
要するに、男性客が女性専用車両に乗車しないのは「任意の協力」によるものであって、法的に禁止されているのではないというわけですよ。
だから何なんだという訳ではありませんが。
男性をはじめとして、周囲の「理解」と「協力」あればこそだということは、知っておいて欲しいものですね。
座席に座って、鏡を出して、顔をパタパタと無駄な抵抗をしているでかい面の人たちには、特に・・・。
それにしても不愉快なのは、歩きながら喫煙する輩!

« 千早亭のブログ | トップページ | 彼岸の中日 »

巷談」カテゴリの記事