« 人間ドックの楽しみ | トップページ | 千公さんから »

2013年2月21日 (木)

一円玉

moneybag市中への流通を目的とする一円硬貨が、昨年は1枚も製造されなかったそうです。
市中向けの一円硬貨が製造されないのは2年連続だそうで、五円と五十円の硬貨も3年連続で製造が見送られたということです。
やはり、電子マネーやICカードの普及で小額貨幣での決済が減少していることが背景にあるんですね。
確かに、電子マネーが便利ですから、そのうちに小銭入れなんて要らなくなるでしょう。
ところで、何年か前、一円硬貨を製造するコストは1枚あたり1円をオーバーしていると聞いたことがありました。
これは、原料の金属価格の高騰によるものだということでした。
・・・最近の円安で、どうなるのでしょう・・・?
そういえば、一円玉をお題にした謎かけがありましたね。
「ブス」とかけて「一円玉」と解きます。
その心は・・・、「これ以上くずれ(せ)ないでしょう」・・。

« 人間ドックの楽しみ | トップページ | 千公さんから »

巷談」カテゴリの記事