« 辛抱強い人たち | トップページ | 「東横落語会」復活 »

2013年2月10日 (日)

ラジオ寄席

confident明日が休日か否かで、この時間帯の心理状態は雲泥の差。
  ◇ 勘定板     三遊亭歌之介
この手の噺が得意なんですね。
下ネタというか、師匠の言ではグロな噺で、とりあえず受けるかもしれませんが、確かにあまり良い気分にはなれません。
このように、江戸と田舎で、ある物ない物、呼び方が違うもので、お笑いになっているものがあり、噺にもいくつかあります。
例えば、「松山鏡」というのは、とても良い噺だと思います。
オチもとても秀逸だと思います。

« 辛抱強い人たち | トップページ | 「東横落語会」復活 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事